銅のプレス加工

バスバー 和田製作所の銅のプレス加工 板厚t2.3mm

和田製作所は電気部品の製造を得意としております。銅は電気をよく通す性質がある金属です。パワーエレクトロニクス(パワエレ)機器にも重要な役割を持ちます。その銅のプレス加工実績が豊富であり、試作段階からご相談頂くことで量産加工の問題点を踏まえたご提案も可能です。プレス加工の後工程である、すずメッキ、ニッケルメッキ等の表面処理まで行い納品することが可能です。

銅の材料

和田製作所で加工経験豊富な素材です

  • C1100(タフピッチ銅)
  • C1020(無酸素銅)
  • C2801(黄銅・真鍮)
  • HSM(銅線)

銅の丸棒

銅の丸棒には直線の材料と、ボビンに巻いたコイル材があります。
丸棒の径はΦ3~Φ10が主流です。
丸棒の材料を選択するメリット
・歩留まりが良い等

銅のコイル材

板厚0.8mmの薄板から4.5mmの厚板まで様々です。弊社では銅のコイル材×順送プレス加工という組み合わせで量産品のニーズにお応えしています。

銅の材料をプレス加工 和田製作所

銅の切板材


銅の切板材は定尺のシート材をシャー(シヤー)切断した後に単発加工あるいは順送加工にて製品の形状にプレス加工していきます。小~中ロット品のニーズにお応えできるのが特徴です。
銅のプレス加工 和田製作所

銅の板 プレス加工品 事例紹介

和田製作所の銅のプレス加工 板厚t2.3mm

材質 C1100 純銅タフピッチ銅
板厚 t2.3mm
用途 バスバー(ブスバー)
設備能力 45トンプレス
生産方式 単発プレス・順送プレス共に可能
後工程 スズメッキ
設計段階からお問い合わせいただくことでVE提案可能

順送加工により電気部品の量産対応可能

C1100・C1020の材料での生産可能

C1100…導電用材料として使われている純度99.9%(3N以下)程度の銅

C1020…無酸素銅のプレス加工製品ではC1100と違い元性雰囲気中で高温に加熱しても水素脆化を起こす恐れがないとのこと


銅の部品は何に使われるのか(使用用途)

  • バスバー
  • 電気接点
  • 分岐バー
  • アースバー
  • ヒートシンク
  • 端子
  • パワーデバイス用端子
  • コネクタ用端子 など

和田製作所は試作にとどまらず、金型製作から量産加工、表面処理まで行いお客様の計画に沿って安定的に品物を出荷することが可能です。

銅のプレス加工に関して更なる詳細はお問い合わせください。
Tel:084-970-0038
(ホームページを見たとお伝えください)